« 江沢民一派 | トップページ | イ・ビョンホンの声 »

2006年11月13日 (月)

ラジオ・バンザイ

とれたてほやほやのネタです。

たまたまラジオのスイッチを入れたら、阿刀田御夫妻が出ていました。阿刀田高さん。けい子さん(すみません。どんな漢字なのかわかりません)

とても面白かった。阿刀田高さんの作品を、けい子さんが朗読してるそうです。それに関連した話もいくつか。舞台で朗読しているというから、本格的です。夫の作品も、数多く読む作品の中のひとつと言う距離感とのこと。お互いにそれぞれシャキッとしてて、それでいて、ご夫妻のいい雰囲気で素敵でした。

けい子さん、「花あらし」がいちばんお気に入りの作品とのことです。最後の一節を朗読してくれました。私も大好きです。先日放送された広瀬修子アナウンサーの「花あらし」も録音して手許にあります。広瀬アナとけい子さんの朗読、違うんですが、それぞれいいんですよね。

けい子さん、点字図書館で、音訳をしてらしたそうです。お、大先輩ではないですか。

ラジオ、ただいまは、「今日の本棚」を放送中。茨木のり子の詩を、山根基世アナウンサーが朗読。そのあと、谷川俊太郎さんと山根さんが、その詩について話してます。

なんて贅沢な番組が続くことだろう。

今日の締めは「私がいちばんきれいだった時」 手を止めて聞き入ってました。活字で味わう楽しみも勿論だけれども、人の声で味わうのは贅沢だなあと思います(熟練した読み手で、作品とマッチしているもんなあ)

明日も忘れないで聞くことにします。テレビより、ラジオのほうがずっと面白いですよ~

|

« 江沢民一派 | トップページ | イ・ビョンホンの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江沢民一派 | トップページ | イ・ビョンホンの声 »