« 意地悪オバサン、見事な空振り | トップページ | お寺のハシゴ »

2006年11月 9日 (木)

姓は大ザル、名は足手まとい

今日は月1回の発送部の仕事。

いつもは5人のチームなのに、ご本人の体調が悪かったり、ご家族の容態が悪かったりで、3人欠席、2人でやることになりました。

あらま、大丈夫でしょうか。今まで4回はやってるはずなのに、手順を覚えてません。ベテランが4人いるので、いつも付録みたいな、ノホホン気分でいました。言われたとおりに動いていただけで、何をするかアヤフヤだぞよ~

心配したとおり、しょっぱなからミス。すみませんの連続。かえって手を出さないほうがスムーズに行ったりして~

「あら~、もう全部、作業の手順をのみ込んでいると思ってたわ」と言われちゃいましたが、「とんでもない、私の頭はザルですから、ひと月に一度のペースじゃ忘れていくほうが早いです」と居直って(?)、指示を仰ぎながら作業を進めました。

半人前と組んで、大変な思いをしたKさん、お疲れ様でした。個人の利用者14人の方と、他館(図書館)1館あて送りました。テープの巻数、CDの枚数にすると、かなりの量になります。

しかし、この頃思うんだけど、頭も手も、配線がおかしくなってきた気がします。思うように動かなくて、自分でもじれったい。目の前にあるものを見落としてたり、簡単な手順を理解できなくて考え込んでたり、大丈夫でありましょうや? ちょっと前はもっと手早く出来て、理解力もあったのにと思うのは錯覚で、ちょっと前も、今も、大して変わらないのかしらん。

メガネをふたつ使うようになってから、どうもよくない気がします(言わずとしれた老眼鏡でアリマス)。遠近両用は疲れるという体験者の話で、近視用と老眼用のふたつにしました。メガネをかけかえたときに、頭の中のスイッチが切り替わらないというか、上手く対応できない感じ。

単純な老化現象でしょうか。自分のことが信用できない気がします。相手がいて何かするときは、まえもって、「私、ドジです、ザルです」と前置きすることにしてます。一度聞いただけで、スッと理解できて、ちゃんと記憶に残ってた時もあったのにねえ。

今日はサッカーのことを書くつもりだったのに、愚痴を書いてしまいました。ナビスコカップ取った千葉が、天皇杯、敗退しました。これでなくっちゃ~ 無理と思いつつ、私の希望を書いておきます。

リーグ戦は川崎フロンターレの優勝希望。天皇杯は○○希望(←PK戦を9対8で勝ったチームです。大それた望みすぎて、名前はとても書けないので伏字)

それにしても、中日新聞スポーツ欄は、鹿島が勝ったのを大見出しにして、千葉×札幌は試合結果だけでした。中日新聞関係者の頭の中もおかしいんでないかい?

|

« 意地悪オバサン、見事な空振り | トップページ | お寺のハシゴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意地悪オバサン、見事な空振り | トップページ | お寺のハシゴ »