« アルコール依存症は? | トップページ | 街頭で初体験 »

2006年11月 1日 (水)

社会保険事務所・今昔

11月2日提出期限の書類を、社会保険事務所に提出してきました。郵送可なのですが、切手代を節約。どうせ、銀行まで行く用事があります。歩いていけば、目と鼻の先です。

いろいろ叩かれている社会保険庁です。ひところとは雰囲気が変わってきてはいましたが、今日、書類を出したら、穏やかな柔らかい顔で受け取ってくれました。びっくり。

一年に数回、提出する書類があります。社会保険労務士に依頼していたこともあるけど、また自分でやるようになりました。社会保険労務士の基本料金、高いです。それに、今は社保に加入している人数も少ないので、社会保険労務士に依頼すると、割高になります。

お役所仕事で、印象の悪いのは、ひところの運転免許の書き換えと社会保険事務所が東西の横綱です。ともに木で鼻をくくる応対。

運転免許書き換え、事務手続きの評判の悪かった時期をご存知ですか?30年ぐらい前の話です。今のように運転免許センターではなく、警察に併設されてた事務所でした。免許の書き換えにいくと、事務員がアゴで指示するような態度。書類上で些細なミスがあると、頭ごなしに怒鳴る・・・・いい年のオジサマたちが、学校でたてのオネエチャンたちにいいようにされてるのを見て、気の毒に思ったものです。「何で、あんたたちはそんなに態度が大きいの、そんなにえらいんかい?」

全国的なことなのか、当市だけのことなのか不明ですが相当なものでした。悪名をとどろかせてましたが、それも段々に改善。今は免許センターが出来て、不愉快な思いをすることもなくなりました。

社会保険事務所はそこまでひどくはありませんでしたが、なかなかのものでした。こちらの事務所とも長い付き合い。まあ、書類の記入ミスがあるこちらも悪いんですが、先方はかなり高飛車。常に上からものをいう感じでした。受付のオバサマたちは常に仏頂面。多分、他の仕事をこなしながら受付を兼ねているので、声をかけても、いつも機嫌が悪い(あくまで私の憶測、印象です)。こちとら、お忙しいところ申し訳ありませんがという低姿勢で声をかけたものです。すんなり書類提出がすむと、「ラッキー」と思って帰ってきました。

それが社会保険庁がマスコミで叩かれ始めたころから、雰囲気が変わってきました。まず、来所者用のスペースが広くなりました。ちゃんと受付ができて、年金相談に来る人にも適切に案内をするようになってました。「マスコミ、もっと叩け叩け」と思ってました。

それでも、会社関係の書類を受け取るのは、仏頂面ペースで変わらなかったのですが、なんと今回、柔らかい顔で受け取ってもらって驚いた次第。受付の人が変わったからなのかなあ。今でもはっきりと顔を浮かべられるあのこわいオバサマは、もう退職なさったのかしら。もう、定年のころあいです。

社会保険事務も、民間委託の話があるようですが、どんな展開になるんでしょう。給料もらい始めのころは訳もわからず、社会保険料、厚生年金を引かれてましたが、年金受給開始まで、あと2~3歩です。果たして、予定通り受給できるのでありましょうや?

考えたら、仏頂面のオバサマたちの給料も、私たちの社会保険料から出てたんだ(ですよね)。「公僕は死語となりにけり」かな。

社会保険事務所の関係者の皆々さま

私の知ってる社会保険事務所は、日本広い中で1箇所だけなので、その事務所について書いてます。社会保険事務所はもっとレベルが高いとお思いかもしれませんが、こんなふうに感じていた利用者もいたということであります。

(こんな添え書きしなくても、関係者の目に触れることはないか~)

|

« アルコール依存症は? | トップページ | 街頭で初体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アルコール依存症は? | トップページ | 街頭で初体験 »