« 同期勉強会 | トップページ | 姓は大ザル、名は足手まとい »

2006年11月 8日 (水)

意地悪オバサン、見事な空振り

車を走らせているときは、いつもラジオをつけてます。今朝も図書館に行く道中、ラジオをつけてたら、どこぞの醤油の醸造元からのリポート。

いい加減に聞き流しているので、話自体の報告は出来ないのですが。その中で、醤油の味がどうのこうの…という話になりました。「なまじょうゆを味わっていただければ、醤油本来の味がよくわかります」

うん?なまじょうゆ? きじょうゆじゃないの。それとも、絞りたての醤油は、「なまじょうゆ」というの?

そのうちに、ナマイッポンもあり、ナマムスメ、ナマイトもありだぞと、どんどん頭の中は展開していきます。ナマ醤油とはいわないだろうと決め付けてました。

帰ってきて、念のために広辞苑をひいたら、ナマ醤油、ちゃんとありました。生醤油(キジョウユ)に意味は同じとのこと。

朝の番組のレポーターの方、間違ってると決め付けてゴメンナサイ。鬼の首を取ったような気になってましたが、見事な空振りでした。

読み違いといえば、昨日の勉強会。若い世代の方は、左ト全のことを、ヒダリトゼンと読んでました。そうだよね。左ト全のことを知らないと、読み方はわからないよね。私、左ト全は難なく読めますが、最近の歌手、グループの名前が全く読めません。とても有名でもダメ。「ゆず」とか、間違えようのない名前を歓迎します。

同日17時追記

そういえば、最近、生足(なまあし)という妙な言葉が使われてます。もう、市民権は得ているのかな?勿論、広辞苑をひいても出てきません、こういう場合、典拠といわれても困ります。版の新しい辞書を当たるのかしら。「きあし」と読む恐れはないから、ルビなくても、すんなり「なまあし」かな。

素足という響きのいい言葉があるのに、何で「生足」なんぞという言葉が造語されたんでしょうね。響きのいい言葉じゃなく、響きの悪い言葉を使いたかったのかな。

「ここ1~2日で、急に寒くなりました。家の中では素足でいたのに、靴下を履くようになりました」 やっぱり、私は生足より、素足の世代です。

|

« 同期勉強会 | トップページ | 姓は大ザル、名は足手まとい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同期勉強会 | トップページ | 姓は大ザル、名は足手まとい »