« 無事通過 | トップページ | テープのダビング »

2006年11月22日 (水)

分身の術

本来なら、今日は図書館で、朝から丸1日、文芸春秋のテープのダビング(何をやるかわからないのに担当者に名を連ねてます)の予定でした。それとは別の部で、午後、部会があります。

のんびりした暮らしをしているので、そんなに予定が重なることはないのに、午前中は仕事の予定も入ってます。

手帳に書き込んだときから、予定が3つも重なってしまって、さて、11月22日はどうしましょと思ってました。分身の術が使えて、右に左に大活躍できるといいんだけどそれは無理というもの。やっぱり、メシの種の仕事が優先だよなあ。仕事をささっと片付けて、お昼前に図書館に着くようにして、部会にちょっと顔を出して、それからダビングに入ればいいかな・・・・なんか、すごく忙しいみたいじゃない。それとも、部会を欠席しようかな。どうしようか迷っていました。

それが何と、一挙に解決。図書館は本来、第4木曜日が休館日です。その休館日が祝日なので、開館することになり、振替で22日が休館日となりました。22日に図書館でするはずだったことはみんなお流れ。これで22日の仕事は、平常どおり、ちゃんと出来ます。

ダビングは、祝日だけれど23日に変更。部会は1週間ずらして、29日に変更になりました。

身体はひとつしかないのにどうしようと思ってたのに、あつらえたように、3つの予定がみんなばらけました。念力が通じたのかしら。

仕事は別として、あとのふたつは、私が出なくても別にどうってことはないんです。でも、担当者のところに名前があったりすると、律儀に出なくっちゃと思ってしまう性分です。

たまたま、今月、文芸春秋のダビング等の担当者のひとりになってしまったので、予定が重なって困ったけど、来月からは大丈夫だと思うんだけど。

今、ふたつの部に所属してるからこんなことになるんだけど、来年からどうしようかな。ふたつとも、それぞれ面白いのよね。でも、ふたつの部というのは結構忙しいしね。あと、半年ぐらいあるので、ゆっくり考えることにします。

|

« 無事通過 | トップページ | テープのダビング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 無事通過 | トップページ | テープのダビング »