« 朗読コンテスト | トップページ | 冬将軍の到来OK »

2006年11月18日 (土)

のたり松太郎を見にいった

高校生のときはあんなに応援してたのに、平山相太のことを、我家では「のたり松太郎」と呼んでます。個人的な相太ファン、ゴメンナサイ。FC東京の中に、どれだけ相太ファンがいるかわかりませんが、FC東京サポーターの皆さん、ゴメンナサイ。

漫画の「のたり松太郎」、どんな筋か忘れたけど、相撲取りが、段々強くなっていく話だから、平山相太殿、これから精進してください。

試合前のアップのときから、ジュビロの選手には目もくれず、本日のメイン、のたり松太郎の動きを見てました。私が命名主です。単に語感からつけただけなんだけど、どうでしょう。俊敏に動くようになったら「元のたり」と変える事にします。(熱烈な相太ファンの目に留まらないことを願ってます)

相太君、ゲーム後半に出てきて、実戦での動きも見れました。後ろのジュビロサポーターのお兄さん2人組、「平山がボールもつと安心するなあ」といってました。ほんとに、肝心のヘディングでも競り負けてるし、ボールは簡単に取られてたし~ 今日も「ハンド」があり、大いにわきました。

平山相太のことをメインに書いたりして余裕だなあ。

今日は4対1で、ジュビロ勝ちました。試合は楽しみましたが、なんか落ち着かない客席でした。ジュビロは、自由席を、収容人員以上に売ってないかい? 自由席のかなり大きい部分を、地元の中学校3校に団体売りしてて、一般客は立ち入り禁止。試合が始まってからも席のない客が席を探してザワザワしてました。試合中も、中学生が何人も連れ立って、通路を行ったりきたりするし・・・・この前の浦和戦ほど殺気立ってはいないけど、落ち着かない雰囲気でした。

試合は満足。久しぶりにパスがきれいに回ってました。気持ちのいい試合。曇天で寒かったけど、寒さ対策は万全。重装備で行ったので大丈夫でした。太田も活躍したし、満足、満足。

|

« 朗読コンテスト | トップページ | 冬将軍の到来OK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朗読コンテスト | トップページ | 冬将軍の到来OK »