« 日本シリーズ終了 | トップページ | 今日のテーマソング »

2006年10月28日 (土)

聞きしに勝る、浦和サポ

ジュビロ磐田×浦和レッズ戦、3対2で、ジュビロが勝ちました。ワクワク、ドキドキ、ヒヤヒヤ。心拍数上がったけど、面白かった。

試合内容はサッカーの詳しい人たちがアップすると思うので、私は周辺情報をアップ。

何しろチケット完売です。試合開始2時間以上前に、スタジアム到着しました。そしたら、いつも入るゲートのずっと手前に、浦和サポのグル~ッと長蛇の列。えっ、これに並ぶの?でも、案内の人がアウェイ自由席最後尾と声をからしてます。ホーム側に入りたいんだけどと言ったら、並ばないで、直に入ってくださいとのこと。結局、入り口は同じなんだけど、何百人も並んでいる浦和サポの横をス~ッと通って入場しました。

入ったら、自由席は、ホームもアウェイもありません。真っ赤。さすがにホーム側の指定席は、ほとんどジュビロカラーで埋まってましたが、その中にも赤い色がちらほら。ホームゴール裏の2階席にも、赤い色がいる始末ですもん~

トラブルを避けるために、売店もトイレも、浦和サポ専用というのを指定してましたが、スタジアムの中で、こんなに混ざってたら意味ないじゃん。

人数的には、7対3ぐらいでジュビサポが多かったと思うんだけど、応援の声の質量ともに、9対1で浦和が勝ってました。私たちのすぐ後ろの列からほとんど浦和サポ。怖かったです。ジュビロの選手が出てきても、歓声の声より、浦和のブーイングのほうが大きいんだもん。

浦和の応援は声も揃って、迫力もあってすごいですねえ。ゴール裏のジュビサポのリーダーが、「ここは私たちのホームでぇ~す。がんばって応援しましょう」と言ってたけど、浦和のホームみたいでした。

しかし、私はジュビロのホームゲームしか見に行かないんで実感なかったんだけど、アウェイのときは、こんな雰囲気の中で戦ってるのねえ。選手はすごい精神力。

応援の声は負けてたけど、珍しく、ジュビロが開始早々2点先行。ホーム側も大歓声を上げて応援することが出来ました。

とにかく、浦和サポの統制の取れた、スタジアムを揺るがすような応援と、迫力ある個別の野次、怒号の中で、勝ち点3をあげたジュビロはえらい。浦和に負けないように声を上げて応援したジュビサポもえらい。

活躍した選手に贈られる、マンオブザマッチは、ファインセーブをした川口でした。そのインタビューの間も、浦和サポは大合唱。後ろの人たちも「インタビュー消してやろうぜ」と言って、大声を出してました。テレビでは音声流れたと思うけど、スタジアムではよくわかりませんでした。でも、その向こうを張って、相方は「ヨーシカツッ」と大声を張り上げていました。

今日は、磐田駅前のバス停に並んだときから、あまりの浦和サポの数の多さに戸惑い、スタジアムでも圧倒され、もう試合開始前に頭の中は変になり、試合も白熱で心拍数は上がりと、今までの試合とは一味も、二味も違う感じでした。

浦和サポの皆様、すごい応援を目の前で見て、ほんとに圧倒されました。しかし、勝ち点3をあげてブログを更新できて良かった、良かった。

|

« 日本シリーズ終了 | トップページ | 今日のテーマソング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本シリーズ終了 | トップページ | 今日のテーマソング »