« 予定変更の悪口 | トップページ | お出かけ君 »

2006年10月24日 (火)

校正うけました

文芸春秋の4分間ほどの短いコラムが、雑誌部でのデビューとなります。先日の同期の読みあわせでも、いろいろアドバイスは受けたのですが、今日が本校正。

恐る恐る提出しました。私たち新人も、先輩について、他の人の読んだのを校正します。私の指摘したのは誤読の一箇所だけ。アクセントとか気になるところは何箇所かあったのですが、そこまで厳しくすると、訂正が途方もない量になる、意味を間違えて取る恐れがなければスルーするとのこと。

そりゃそうです。午前中に校正して、午後に訂正。明日は編集です。私は4分間だからどうにでもなりますが、1時間とか、1時間半読んでいたら気が遠くなります。

え~っと、肝心の私の4分間の出来はと申しますと・・・・タイトルを読み直すように言われました。タイトルの途中にピリオドが入っているのに続けて読んでいるので、ピリオドがあるとわかるように読まなきゃとのこと。あと3点注意事項があったのですが、それは今度から気をつけてくださいということで通してくれました。4分で4個ということは、1分間に1個ということであります。

新しく活動の場となった図書館には、録音室があります。そこではめ込み訂正をすればいいやと思ってました。それでないと、家に帰って、訂正をして、また明日の朝一番で届けることになります(タイトルの一行の訂正で)

録音デッキは、家で使ってるのと同じだし大丈夫だろうと思ってたら・・・・録音室のデッキには、リモコンがついてません。本体のスイッチを操作し、はめ込み訂正をすると、カチッカチッと操作音が入ってしまいます。リモコンだと、本体のスイッチを使うより操作音は入らないのです。

どうすりゃいいんだ。何回やっても操作音は消えない。もう、家に帰ってやろうかなあと思い、その旨先輩に報告したら・・・・どれどれと録音室に足を運んでくれ、奥の手を駆使して、見事に、その操作音を消してくれました。最敬礼。

奥の手じゃないやり方の操作音を消す方法は、私でもやります。でも、ちょっとタイミングが狂うと、次の言葉まで消えてしまうので、ヒヤヒヤしながらやります。それをあんなにスッとやるというのはスゴイ。

出来上がったテープは28日発送の運びとなります。28日は浦和の真っ赤集団を見に行く予定。困ったなあと思ってたら、27日のテープコピーか、28日の発送かどちらかに出ればいいとのこと。良かった、良かった。

ちなみに、同期5人のうち、訂正があったのは私だけ。あとの4人は、細かなアドバイスはあったものの無事通過でした。

|

« 予定変更の悪口 | トップページ | お出かけ君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予定変更の悪口 | トップページ | お出かけ君 »