« 月曜日の大放言 | トップページ | 立って録音 »

2006年10月 3日 (火)

盛りだくさんな日

珍しいことに、今日は朝から夕方まで、予定がビッシリ。

午前中は、先日の「朗読セミナー」を受講した4人で集まりました。セミナーの課題をそれぞれ録音して、その聞き合わせ。講師の方の言われたとおりにすると、文章がブチブチ切れちゃうような気がするけど・・・とか、感想を話し合う。少人数だと、気にしないで思ったことを言い合えて、それはそれなりに大きな収穫。10時から12時まで。

午後からは月に1回の同期の勉強会、13時半から16時くらいまで(これにあわせて、午前中に4人の集まりをもったんだけど)。

私は今回も、声のことを指摘されました。のどを締めてるような声で高低の幅がないとの事。いまだにマイクの前に立つと、身体が緊張しちゃうんだよね。どうして、今話しているその声で録音できないのと言われるんだけど~ 講師の方は「前はもっと高い声だったよね」というけれど、勉強会の録音はせいぜい5分。いつも低いと言われるので、録音するとき、高い声を出すように心がけてたんです。でも、本1冊の長丁場はそれは続かないから、本来の高さに戻したんだけど・・・

会の終わりがけに、どうすればいいんだろうとボーっと考えてました。そしたら、遠くに座っていた人に、「ほんとにその顔はなあに」と大笑いされました。そんなひどい顔をしてたんだ。「だって、声をどう出せばいいかわからなくて、悩みは深いのよ」といったら、同期の一人からアドバイス。彼女は、詩吟の先生です。のどを開放させるために、立って録音してみたらと教えてくれました。

家に帰り着いて、早速、録音場を解体しました。何しろ、自分で組み立てたものだから、解体も簡単。上手くいかなかったら、また、すぐ戻せます。立って録音できるように改造しました。今までの書見台も、そのまま流用できるように工夫。

立って録音するということは、椅子を置かなくていいからスペースも広がります。先日のラジオの体重管理の相談で、「座ってるより、立ってるほうが基礎代謝は高くなる。今電話してるのもソファに座り込んでじゃなく、立って動き回って電話しなさい」と専門家が言ってました。立って録音したら私の代謝も増えるかもしれません。

マイクをマイクと意識させないために、声を拾うところだけ裸で、後(柄とか台)は布で巻くといいと教えてくれた人もいます。早速、これも採用。手持ちのコーデュロイで巻いたら、なんかET見たいです。地球外生物と同居と相成りました。

いろいろ親身になってくれて、持つべきは同期の仲間です。果たして成果はいかに? 今、試験的に声を出してみた分には良さそうな気がします。今まで録音したのと、あまり声が違うと、それはそれで困るんだけど・・・

相互校正は昨日校了。無事、B子さんに資料を渡しました。ひとつ終わって、ホッとしました。

|

« 月曜日の大放言 | トップページ | 立って録音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/12135728

この記事へのトラックバック一覧です: 盛りだくさんな日:

« 月曜日の大放言 | トップページ | 立って録音 »