« ラジオ文芸館「布団部屋」 | トップページ | 相互校正もスタート »

2006年9月26日 (火)

伝言ゲーム

今日は雑誌部の部会。前回の集まりのときに、場所は未定。新しい図書館でやるか、今まで通り地域センターでやるか、連絡網で流すとのことでした。

それが待てど暮らせど来ない。シビレを切らして、前の人に確認しました。そしたら「まだ来ないのよねえ、会合も中止になっちゃったのかしら?」 電話を切ったらすぐ、私のあとの人から電話が入りました。「連絡来ました?」

それが昨日のこと。今日はお天気もあまり良くないし、家ですることは沢山あるし、このまま連絡来ないということでいいにしようかなあ~

やっぱり落ち着かなくて、同期の中で、連絡網が最初の人に確認の電話入れました。「あれ、この前、いくつか連絡事項あったとき、伝わってるはずだけど・・・」 えっ、確かに一度にいくつも連絡あったことありました。途中で、開催場所だけが落ちちゃったのね。彼女はFAXで来た分をそのままFAXで流したと言うから、どこで開催場所が落ちたか判明。お節介オバサンは、あわてて何人かに電話を入れて、ちゃんとみんなに伝わりました。

口頭というのは危ないなあ。無料の掲示板が沢山あるんだから、それを利用すればいいんだよね。前からそうは思ってるんだけど、私よりそういうことに詳しそうな人は何人もいるしなあ(というより、私がいちばんわかってない)と二の足を踏んでました。

グループ全体というより、同期の間で掲示板を作ればいいのよね。誰かやってくれないかなあと思ってるより、自分でやっちゃったほうが早いみたい。それか、詳しそうな人にやってよとお願いする。

連絡がないのをいいことに、のんびり、まったり、家で過ごすはずが、予定が変わりました。おまけに新しくやることをひとつ作ってしまいました。

|

« ラジオ文芸館「布団部屋」 | トップページ | 相互校正もスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/12044397

この記事へのトラックバック一覧です: 伝言ゲーム:

« ラジオ文芸館「布団部屋」 | トップページ | 相互校正もスタート »