« 会話文をどう読むか | トップページ | ギャンブルに戻る »

2006年9月 7日 (木)

NHK朗読セミナー受講

正式名称は、財団法人NHK放送研修センター 日本語センターの全国巡回朗読セミナー。

9時半から午後4時半まで 受講料7000円也。

私の受けた初心者コースは19名の受講者(20名の定員のうち1名欠席)

イントネーション中心の講義でした。課題の文章を、受講者がひとりひとり声を出して読む。NHKの元アナウンサーの講師の方が、チェックを入れて直していく。なぜ、そうするかの説明もちゃんとあります。

行って良かったです。勉強になりました。目からウロコのこともあったし、私が考え違いしていた点もわかりました。私の録音したテープがどうして一本調子になっていたかもわかりました(直せるかどうかという事はまた、別問題)

でも、今日の失敗は、録音機を持っていかなかったこと。講義の録音、OKだったんです。耳の記憶というのはあやふやなもので、もう不確かになってます。出来るだけ覚えているうちに、今から、今日使った課題の3件を録音することにします。

同期で4名受講したのに、誰も録音機を持ってこず。それぞれが今日の課題を吹き込んで、後日、聞き合わせをすることにしました。

同時に、上級者コースも開催されていたのですが、先輩や大先輩が受講してました。私たちの勉強会の講師をやってくださっている先輩たちです。常に研鑽しているのがすごいなあと思いました。

私の迷い始めたことは、「礼儀作法入門」の音訳、2時間ぐらい終わってるんだけど、やっぱりやり直したほうがいいかなあ。どうしよう?

まあ、今は今日の課題を吹き込むほうが先だから、後でゆっくり考えることにしよう。

|

« 会話文をどう読むか | トップページ | ギャンブルに戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/11798936

この記事へのトラックバック一覧です: NHK朗読セミナー受講:

« 会話文をどう読むか | トップページ | ギャンブルに戻る »