« 濃密な関係 | トップページ | 意気消沈と意気軒昂 »

2006年8月22日 (火)

エアコンで大失敗

ハハハ、もう笑うしかありません。

昨夜、片面45分までたどり着いたと書いたのに・・・・

そのテープを聞いて、しばらく前に録音した9月勉強会用のテープを聞いたら、明らかに音が違います。彼のほうが(山口瞳さんってことです)後ろにかすかに雑音がしてる。ほんとに微妙な音なんだけどザーザーという音が常に流れてる。

エアコン苦手なのに、この暑さに負けてエアコン入れて録音したんですよね。静音運転にして、ちゃんとテスト録音もしたのに。雑音入らないからこれでいけると判断したんですが、耳というのは当てにならないもんだ。おまけに昨日は、高校野球決勝の再試合。音はミュートにしてたけど、テレビもオンにしてたもんね。

ふたつのテープを聞き比べると、私みたいに耳の精度がない、いい加減耳でも、はっきりわかります。ハラホロヒレ・・・脱力感。

ガックリしてても仕方がないので、マイク回りをバージョンアップすることにしました。余分な音を拾わないように、かつ余分な響きが出ないように、吸音材で囲みました。

家にある材料で、しかも私の考えたことだから、どれぐらい効果があるかはわからないんだけど(正しいことをしてるかどうかもわからないし)、朝からシャカリキになってやってました。それに伴って録音デッキも移動。ふたつの棚の間に板を渡しておくという、不安定な置き方をしたので、簡易水準器で、高さを確認。我家は水準器なんてものがあるのです(ちょっと自慢)

見場は悪いけれど、簡易録音室が完成しました。録音室というのは言い過ぎ、録音場かな。

相方が、「ほんとにお前は転んでもただでは起きない奴だな」と出掛けていきました。ほめ言葉を言われたと思っておこう。

今、テスト録音しましたが、効果が出ているのかどうかわかりません。なんせ、生活音というか、窓の外ではセミが大合唱してます(そうか、エアコン入れたテスト録音も、セミ大合唱の中で聞いたから雑音が入ってたのがわからなかったんだ) まあ、不具合が出たのでなければ、これだけやったという自己満足だけでもいい事にしよう。

|

« 濃密な関係 | トップページ | 意気消沈と意気軒昂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/11553567

この記事へのトラックバック一覧です: エアコンで大失敗:

« 濃密な関係 | トップページ | 意気消沈と意気軒昂 »