« 初・深夜観戦 | トップページ | ブラジル消えた »

2006年6月30日 (金)

これが梅干?

知りあいから「いただき物の梅干が沢山あるんだけどもらってくれない」と頼まれて(?)梅干2ケースもらってきました。ここのところ梅干漬けるのさぼってたんでそろそろ梅干がなくなる頃、ラッキー。

「この頃の梅干甘いんだけど、これはまだ甘くないほうだからいいと思うけど」と言われ、ウン? 梅干はすっぱいんじゃないの。

帰って封を開けたら、それは立派な大粒の梅干。一粒口に含んだら、何だこの味は。甘い。おまけに変な味が口の中に残る。

食品表示を見たら、ステビア(甘味料)、ハチミツとあります。道理で甘いはずだ。こんな甘ったるいものを梅干という商品名で売ってもいいんかい。

こんな変な味の梅干まがいの梅加工品。どうしよう。もう食べないだろうなあ。もとはいい梅なのにねえ。勿体無い。捨てることになるのかなあ。

何でもくれた人の話によると、梅干といっても甘みのかってるものはみりんも入ってるから、冷蔵庫で保存しなきゃいけないとの事。

信じられない。別に普通に作った我家の梅干、何ということもない酸っぱい梅干の味。保存も流しの下においてあるだけです。

やっぱり、自分で漬けたほうがいいって事ですね。

こんな商品が梅干としてまかり通っているようじゃ、梅干と聞いただけで、口の中につばが沸いてくるような条件反射はなくなっちゃうんでしょうね。自分が「昔人」になったような気がします。一時代前の古い人間でゴザイマス。

「義理と人情を秤にかけりゃ~」と頭の中でメロディが流れはじめたけど、古い人間の条件反射だ。梅干からどんどん脱線していきそう。今日は草取り日和です。パソコンで遊ぶのをやめて、これから、草ぼうぼう、野原状態の庭で草取りをすることにします。

|

« 初・深夜観戦 | トップページ | ブラジル消えた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/10731834

この記事へのトラックバック一覧です: これが梅干?:

« 初・深夜観戦 | トップページ | ブラジル消えた »