« W杯開幕 | トップページ | やっぱり実況 »

2006年6月10日 (土)

人の名前はむずかしい

「ほぼ日刊イトイ新聞」の「声に出して読めない日本語」を愛読してます。そんな難しい漢字はそもそも使わないよということもときどきありますが、とても面白い。

昨日はサッカー代表選手の名前。「軽い、軽い」と読み始めました。

茂庭照幸、巻 誠一郎、玉田圭司、楢崎正剛、遠藤保仁、宮本恒靖、高原直泰、三都主アレクサンドロ、福西崇史、加地 亮、川口能活。

高原の名前が間違いやすいけど知ってるもんね。川口が読みにくいけど、「ヨーシカツ」って大声で叫んでるもんね。

今日は楽勝と答えを見たら、あらまあ。楢崎は「ナラサキ」じゃなく「ナラザキ」なのね。名前も「セイゴウ」なの? 知らなかった。

人の名前はこれが標準というのがないからむずかしい。そういえば「山崎」も「ヤマサキ」と「ヤマザキ」と両方ありますものね。気をつけよう。

そういえば、山口瞳の「礼儀作法入門」の下調べをしていたとき、あとがきをかいている中野 朗の読み方がわからなくて困りました。「ナカノアキラ」か「ナカノロウ」かどっち? ネットで調べても漢字表記は出てくるんですが、フリガナはなし。人名事典でも出てこない。山口瞳研究家で「変奇館の主人」という本を書いているという情報を頼りに、国会図書館の書誌情報で、「ナカノアキラ」と読むことがわかりました。

人名とか、読み方が何通りもある語はルビを振ってくれると助かるんですけどねえ。子供のころ読んでた大人向けの全集もの、丁寧にルビがあったと思うんだけど。漢字読めなくてもスイスイ読んでいたもの。

「礼儀作法入門」は中野 朗以外は、本文中は、人名、初出のときに全部ルビ振ってありました。助かります。でもデッキがまだ手許に来ないので録音できません。

予定通りサッカーにうつつを抜かします。

|

« W杯開幕 | トップページ | やっぱり実況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/10462541

この記事へのトラックバック一覧です: 人の名前はむずかしい:

« W杯開幕 | トップページ | やっぱり実況 »