« 音訳デビューは虎 | トップページ | 初体験ばかり »

2006年5月19日 (金)

ハリーポッター第6巻

発売されたばかりの最新巻「ハリーポッターと謎のプリンス」読み終わりました。

この本の注文主一家が「ウチ、みんな読むの遅いから先に持って読んでいいよ」と貸してくれました。封も切ってありません。いいのかな~ 恐縮しつつ、お言葉に甘えて借りてきました。

読み終わったけど、何だかなあ。

6巻全体が、7巻の伏線なのかしら?別に体調が悪いわけでもないと思うんだけど、読んでてひき込まれるということがありませんでした。6巻(上下2巻)のうちでも、四分の三くらいまでが伏線で、最後の四分の一くらいで、やっと物語りが始まるという感じ。ネタばれするわけにはいかないので、具体的なことは書きませんけど。

他の方はどういう感想を持ったのかなと、検索してブログ見たんだけど、みんな絶賛しているんですよね。今の時点で読み終わってるというのは、ハリーポッターの熱烈ファンが多いので、まあ当たり前なんだけど。

どうしてこんなにつまらなくなったのと思ったのは私だけ?それとも私が感度が鈍くなったのかなあ。

でも声を大にして言いたい。ハリポタに比べると、ファンタジーの大傑作「ナルニア国ものがたり」が、全巻、1冊ずつ、それぞれに一つのとてつもなく面白い物語として独立していて、全体としても壮大な物語になっているのはやっぱりすごい。「ナルニア国」のメインテーマは・・・とむずかしいことを言う人もいますが、私はファンタジーとして楽しむ派です。

ハリーポッターシリーズ、江守徹さんで、オーディオブックになっているようですね。聞くほうの立場になると、こんなに登場人物が多いと、耳から入る情報だけで、それぞれを頭の中にとどめておくのは大変だなあと思います。語っているのはプロですから、そちらのほうの大変さには言及せず。

ちなみに図書館の音訳では、外国物の音訳許諾を取るには2万円かかるので、日本の著者の本を対象にしてくださいと言われてます。

私が音訳したいと思った本は、図書館で許諾のお伺いを出してくれたのですが(多分出版社宛だと思います)、ひと月たつのですが返事が来ません。なしのつぶてになることもある様子。誰かの机の上で書類が冬眠に入ったのかな? そろそろ、次の候補を考えたほうがいいみたいです。

今度は「私の本は音訳してもいいです」という著者一括許諾リストにのっている著者の本を選びます。そうすれば、許諾が出るかどうか気にしなくてすみます。

ハリーポッターを音訳したいなんて野望は間違っても抱かないから大丈夫。

でも、音訳の事情を良く知らない、つい数ヶ月前、ナルニア国を音訳したいという野望を抱いていたような気がするなあ~ いやいや、そんなすごいことを思ってたなんて気のせいです。

同日22時追記

この記事、今日のお昼過ぎ頃に書いたのですが、今、ハリポタの感想やいかにとブログを検索してみたら、これは420番目に出てきました。(まさか全部みた訳じゃないです。時間で見当つけただけ) 9時間で420人の人が書いてるってすごいですね。読み終わった人がどんどん書くから、これから加速度的にすごいスピードで増えるんでしょうね。

|

« 音訳デビューは虎 | トップページ | 初体験ばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167792/10138713

この記事へのトラックバック一覧です: ハリーポッター第6巻:

« 音訳デビューは虎 | トップページ | 初体験ばかり »